電子錠を選択

最新のオートロックは、後付けして利用することができ、大変便利なものに進化しています。最新のオートロックの場合には、開閉のキーも、一般的なキータイプではなく電子錠として利用することになります。数多くの電子錠式のオートロックが開発されています。

暗証番号や指紋認証でも開閉することができますが、番号を覚える、同じ番号を押す事で特定される問題があります。そこで最新式の後付のオートロックではリモコンカード方式やスマホを利用した開閉方式が主流となっています。

非接触型のカードやスマホをキーとして利用するため誰でも持ち運ぶことができる、同じように所有することで誰でも利用することができます。鍵を持ち歩く必要がなくなるため、手軽に利用することができます。また、オートロックの設置をする場合には、ドアホンと連動することが可能となります。ドアの開閉をした場合にドアホンのチャイムがなるため、人の入室を認識することができます。これらの後付のオートロックを設置する場合には、専門家に設置してもらうことになります。また、補助錠に関しては、防犯上の観点から取り付けることが必要だといえます。複数の防犯を備えつけることで、簡単に入室することができない環境を作ることができます。

電子錠を選択